ビデオチャットばっかりしてると人間の印象がどんどん平べったくなって、たまにコンビニへ行くと店員さんの立体感にびっくりしませんか?ビデオチャットばっかりしてると人間の印象がどんどん平べったくなって、たまに宅配便が届くと配達員さんの立体感にびっくりしませんか?

そもそも顔をつきあわせないと会ったことにならないっていうのが、もう古いよね。

現実の代替としてのビデオチャットはやがて終わって、いつの日かZOOM飲みとかあったねって笑えると思う。ほんと、こんなやりきれない日のことをさ、いつか笑える日がくればいいよね。

川崎は、ずっと雨だった。雨戸も閉めっぱなしだった。この部屋は窓がひとつなので、雨戸を閉めると昼なのか夜なのかわからなくなる。昼なのか夜なのかわからない部屋にずっとひとりでいると、静かな宇宙船に乗って、どこか遠くへ運ばれているような気がする。なんで、宇宙船で風邪をひくんだろう。

受け入れようが受け入れまいが変化はしてしまっているのだから、それは受け入れることを選んだ者が話している言葉だ。諦めた者が話している言葉だ。逃げた者が話している言葉だ。流された者が話している言葉だ。弱い者が話している言葉だ。そして、その弱さに寄り添う言葉なんだろう。

ハッピーバースデー・トゥー・ユー・ハッピーバースデー・トゥー・ユーを2回ぶん歌うとちょうどいいって、誕生日のたびに手洗いを思い出さないかな?

手間と栄養と満足感のギリギリのラインを狙った至高の在宅勤務飯を探求しつづけた結果、コンビニのサラダを2袋あけた皿の上に冷凍食品の焼肉を乗せたものにたどりついた。

離れてもつながるとは、顔を見ることではなく、それぞれの時間を生きること、その多様な生を認められるくらい信頼すること。想像すること。わたしが、わたしを尊重すること。ひとりぼっちとは、孤立ではなく、非同期な通信なんだ。

目に見えないものの存在を想像することを通して、わたしたちはいまかつてないほど解像度の高い世界に生きている。

ぜんぜん別の場所にあるものが、重なって見える。いま起こっていることが、いつか体験したことのように感じられる。速すぎてよく見えないけど、出会った瞬間に別れている。それを繰り返している。からだの輪郭が高速に振動して、中と外が入れ替わっている。なんども死んでは、生まれ変わっている。それはそれとして、わたしたちはきょうも暮らしていかないとならないから、便宜上こんなことをビデオチャットと呼んでやりすごしているわけなのだが。

通勤者を減らすための在宅勤務、または学校の休校にともなう遠隔授業、あるいは外出自粛によるリモート飲み会によって、誰かに会うことはビデオチャットすることになった。ビデオチャットの画面には、コミュニケーションをとるわたしたちのほかにも、さまざまなものが映り込んでしまう。プライベートな部屋の様子を隠すため、あるいは遊び心として、ビデオチャットツールの ZOOM では、自分の身体の輪郭をくりぬいて、外側に任意の画像を表示できる「バーチャル背景」という機能が用意されている。

本が、人と情報を橋渡しするものなら、ビデオチャットの画面は、いまもっとも読まれている本だともいえるかもしれない。そこで、「バーチャル背景」に設定できる画像ファイルの形式で詩を書き、ビデオチャットの背景に設定したうえで詩を朗読してみた。

オンライン書店「TRANS BOOKS DOWNLOADs」では、詩を朗読した様子を収めたビデオファイルと、ビデオチャットの背景に設定した画像ファイルを販売しています。
https://transbooks.center/downloads/works-2/